俺の目標はあくまでもネイティブスピーカーになって世界中を旅することだ!
妻にこんな話をすると、、、
「いつまでも子供みたいなこと言ってないで現実と向きあいなさい」
なんてことを言われるのだが、俺は決してブレない。
あいつの常識は俺にとっては非常識だから決してブレない、、、( ´∀`)
でも、なんだかんだで妻のことは大事なんだけどね。

くだらない話は終わりにしてここからは真剣な話をするよ。

俺は英会話をマスターするためにオンライン英会話でフィリピン人の先生に英会話を勉強することからスタートしたのだが、1年が経過しても正直まだネイティブとは程遠いと思う。
今日もDMM英会話で英語の勉強をする。
もちろん子育て優先だということも分かってはいるが、妻に負担をかけてでもライフスタイルだけは絶対にくずさない。
俺にはネイティブスピーカーになって世界中を旅行するという夢があるから!

実際に英語が話せるようになってくると一つ目の壁にぶち当たるんですよね。
これはあくまでも俺の見解だから個人差はあると思うが、アクセントをひたすら気にするようになってくるんですよね。
アクセントって本当に難しいです。
徐々に英語を聞きとることはできるようになってくるけど自分の英語のアクセントには自信がなかなか持てない、、、
やっぱり小さい頃から英語を話せる人ってすごいです。
フィリピン人に関しては自国のタカログ語という言葉があるから英語がネイティブではないのが事実らしいのですが、、、
あれだけ上手に話せたら教えてもらいたくなってしまいます!
しかも、フィリピン人の講師だと受講料が安いオンライン英会話スクールが多いですからね。
お得に英会話を学ぶ上でフィリピン人講師は申し分ないと個人的には思います。

そして英語が話せない人に対して俺はこんなにも話すことができるんだぞと自慢したくなります(笑)
実際には俺の英語を披露する場面はないに等しいのだが、、、
この前、友人に灰皿って英語でなんていうか知ってる?という質問をしたのだが、返答に困っている友人をみて俺はちょっとした優越感に浸ることができたが正直な話、虚しい、、、
というか友人にとってみたらいい迷惑だったに違いない、、、
だって、、、質問しといて友人がギブアップしてるのに答えの「ashtray」を30分も言わなかったんだから( ´∀`)