まぁ、信じられないくらい悪臭をまき散らしていた私だが、ワキガはどうしたのかを書きたいと思う。

ワキガは遺伝なんだが、これはいくら食生活に気をつけてもデオドラントというものに頼る必要があるわけだ。

ワキガというのは、アポクリン汗腺が原因なんだ。

アポクリン汗腺は、脇・乳輪・陰部・肛門周り・耳にだけある汗腺。

アポクリン汗腺がない人もいて、その場合はワキガ臭はまったくしないわけだ。

ワキガ臭っていうのは、まぁニンニク臭いとかネギ臭いとか言われる、ツンとした刺激のある独特なニオイのことだ。

これは、嫌がられるニオイなわけだが、みんな優しいからワキガ臭いとか言われことはなかったんだな。

天涯孤独の身だったんだけど、私の周りには優しくていい人ばかり集まってくれたおかげで、臭いなんて言われたことは1度もなかった。

でも、それに甘えて何にもしなかった結果、周りに多大なる迷惑をかけていたんだ。

わざとではないが、もしこれを読んでヤバいと思った人がいたら、今日からできることを実践することをおすすめしたい。

便秘なら、バナナとか。

本気ならファスティングとか。

ちなみにファスティング期間は3日間を目安にするといい。

優光泉を頼めば、やり方が載っているから、とまどうことなくできるだろう。

話は、ワキガ対策に戻ろう。

ワキガはワキガクリームが鉄則だ。

スプレーも脇汗シートも使ってもいいが、ワキガクリームが消臭効果が1番持続する。

私の場合は、中度のワキガだから、1日2回でワキガ臭くならない。

重度の人は手術をするらしいが、私は手術は必要ないと、某クリニックで言われた。

ということで、ネットで買ったクリアネオというワキガクリームを使っている。

奥さんのおかげで、今まで私に近づいてこなかった子供たちが、私に話かけてくれるようになった。

いつも常連のおばあちゃんも、話しかけてもすぐに話を切り上げようとしていたが、長く話をしてくれるようになった。

すべて、奥さんのおかげだ。

感謝しかない。

最後に、私はこう締めくくろうと思う。

スメルハラスメントは現実に存在する。

加害者にならないために、できることはたくさんあるし、それを実行すると自分にもプラスになる。

だから、もしヤバいと思っら、できる体臭対策からはじめてはいかがだろうか。

私が言うのもなんだが、私はいろんなことを奥さんに教えてもらったんだ。

だけど、このブログだけは見せないつもりだ。

素直な私のちょっとした秘密にしたいと思う。

照れ臭いからね。